くまもと戦争遺跡・文化遺産ネットワーク

くまもと戦争遺跡

 本会は平成17年6月に発足し、10年を経過しました。

その間、会の本旨は平和への思いであり、悲惨な戦争を回避するには歴史の真実を明らかにし、 記録し伝承しなければならないという使命感ともいうべきものでした。

 わたくしどもネットワークでは 「大刀洗陸軍飛行学校玉名教育隊跡(通称:大浜飛行場)」 「東京第二陸軍造兵廠荒尾製造所跡(通称:荒尾二造)」 の調査・研究を手始めに、30数回の検証・発表の例会を重ねてまいりました。

 地域に根ざした地元の有明中学校総合学習支援「出前平和講座」、 「四式基本練習機の模型機製作・実演(飛行)のユングマンプロジェクト」地域啓発のための 『大浜飛行場リーフレット』発刊などを進めてきました。

 「いま、熊本の戦争遺跡・遺産を未来につたえる」の開催、全国初となる「旧日本海軍最後の艦上攻撃機”流星”風防展示」と 大村海軍航空廠への「高瀬高女挺身隊動員の証言を聞く会」の開催、さらには県内航空遺産に焦点をあてた 『熊本の航空遺産と艦上攻撃機”流星”』リーフレット発刊と、熊本県内へと広がった活動に合わせ、県下の埋もれた 歴史にスポットをあててきました。

 今後は戦後70年の節目の年となり、戦争体験者の証言を聞く機会は急速に失われようとしています。今に生きる私たちは、それを正確に記録し、 残された戦争遺跡にその証言を重ね『戦争遺産』として保存に努め、未来に伝えていきたいと思っています。

                           (平成27年9月「くまもと戦争遺産ガイドマップ」発刊に寄せて)

 くまもと戦争遺産ガイドマップ

本会が熊本県内で行った調査・検証の集大成として発刊しました。

このガイドマップが『無言の語り部』として戦争遺産を未来に伝える一助になれば幸いです。

協力者・団体 敬称略・順不同

工藤洋三、福林徹、猪飼隆明、佐藤邦彦、八巻聡、上村文男、故小松裕、小牧昭三、杉山弘一、芦北町教育委員会、 熊本の戦争遺跡研究会、花房飛行場の戦争遺産を未来につたえる会、人権NPOちなもい、近代化遺産荒尾二造変電所等をいかす市民の会、 人吉・球磨の戦争遺跡を伝えるネットワーク、人吉海軍航空隊を顕彰する有志の会、平和憲法を活かす熊本県民の会、 知覧特攻平和会館、大刀洗平和記念館、三菱重工業株式会社名古屋航空宇宙システム製作所史料室、生活協同組合くまもと

頒 価 800円

戦争遺跡調査概要

玉名(大浜)飛行場

大浜飛行場(玉名・高瀬飛行場)

荒尾二造

東京第二陸軍造兵廠荒尾製造所

菊池(花房)飛行場

菊池飛行場(花房・隈府飛行場)

黒石原飛行場

黒石原飛行場(幾久富飛行場)

健軍(熊本)飛行場

義烈空挺隊碑

熊本市内の戦跡遺跡

歩兵第十三聯隊立哨所

隈庄飛行場(舞の原飛行場)

碧空に祈る 隈庄飛行場

海軍人吉飛行場

人吉海軍航空基地跡

天草の本土決戦砲台他

久玉小松崎砲台

八代・芦北の戦争遺跡

八代飛行場(文政飛行場)

阿蘇の戦争遺跡

宮地飛行場

ページのトップへ戻る