三隅康資 平和への提言

 「戦争遺産フォーラムくまもと」に個人会員として参加されている、三隅さんは独自に全国各地の戦争と平和の資料館を訪れ、調査・研究をされています。
各地での見分・実情を踏まえ、熊本における「戦争と平和の資料館建設」の必要性や「平和についてのメッセージ」など、熊本日日新聞の「読者のひろば」に数多く投稿され、新聞紙上で掲載・公開されています。

当ネットワークでは、これら投稿内容を「平和への提言」ととらえ、記録として残すとともに、当ネットワークホームページにご来訪いただいた皆様にも是非見ていただきたいとの思いから、ご本人さまの許可を得て、開示することにしました。

熊本日日新聞 読者のひろば掲載履歴

掲載日時 題目
平成30年2月19日 熊本大空襲の記憶つなごう
平成30年1月5日 平和資料館の建設へ一歩を
平成29年12月26日 二の丸の舞台延長に危機感
平成29年11月25日 平和学習への紙芝居活用を
平成29年10月24日 核廃絶前進に期待が膨らむ
平成29年8月27日 戦時資料収集 県が率先して
平成29年8月5日 失われた命に思いをはせる
平成29年7月6日 熊本に平和ミュージアムを
平成29年6月15日 公的資金投じ文化財修復を
平成29年5月3日 原本目の前に大切さ再認識
平成28年8月18日 平和資料館を 熊本に造って
平成27年8月11日 平和資料館を 熊本に作ろう
平成27年4月10日 「特別ノ高配」 なされたのか
平成26年8月15日 平和の資料館 熊本も欲しい
平成26年5月27日 廊下の奥に 立ってゐた
平成25年8月24日 核兵器廃絶へ 日本が先頭に
平成24年7月10日 警戒をすべき 核武装への道
ページのトップへ戻る