くまもと戦争遺跡・文化遺産ネットワーク

あなたは約70年前、この地が『軍都熊本』と呼ばれていたことを知っていますか?

Thank you for visiting.

代表からのメッセージ

平成26年8月、それまでの「玉名荒尾の戦争遺跡をつたえるネットワーク(玉荒戦跡ネット)」を組織改編して「くまもと戦争遺跡・文化遺産ネットワーク(くまもと戦跡遺産ネット)」として新たに誕生しました。  熊本県内に所在する「戦争遺跡」に焦点をあて、戦争遺跡の記録や検証、地域の戦争素材の掘りおこし、後世に「平和の大切さをつたえる活動」などを目的に活動しています。

INFORMATION

2018-07-30
「県内五飛行場の新発見米軍撮影写真」の記事が熊本日日新聞に掲載されました。
2018-07-29
2018-07-16
「第4回上村真理子氏所有の戦時資料調査」を実施しました。(38件追加 
2018-07-11
2018-07-10
「絵本・戦時資料から見た熊本空襲」展の記事が熊本日日新聞に掲載されました。
2018-07-10
「絵本・戦時資料から見た熊本空襲」を熊本市立図書館で開催(~8月26日)しました。詳細はTOPICSを参照してください。
--------------- ▼ 2018年 1H ------------
--------------- ▼ 2017年 ---------------
--------------- ▼ 2016年 ---------------

TOPICS

「県内五飛行場の新発見米軍撮影写真」について

新たに発見された米軍写真について報告書をまとめました。

写真は「2018夏の平和展」にて8月11日から展示します。

 

・「県内五飛行場米軍新発見空撮資料」(2018-07-29)

作成:高谷和生(くまもと戦争遺跡・文化遺産ネットワーク代表)

 

報道:「熊本日日新聞(20180730)

2018夏の平和展「絵本・戦時資料から見た熊本空襲」

場所:熊本市立図書館 1階 期間:平成30年7月10日~8月26日

主催:熊本市教育委員会、くまもと戦争遺跡・文化遺産ネットワーク

協力:ピースくまもと設立準備会

展示資料、他

・2018夏の平和展「絵本・戦時資料から見た熊本空襲」展によせて

・2018夏の平和展「絵本・戦時資料から見た熊本空襲」展示物資料説明

・熊本空襲・錦戦闘解説  ・展示状況

「くまもと戦争遺産の旅」参加者募集
「海上自衛隊鹿屋基地に現存する軍工廠防空壕調査」
「熊本市戸島本町旧健軍飛行場無蓋掩体壕調査」
「日本コミニュケーション学会九州支部 第23回大会」基調講演

LINK

「戦争と平和のミュージアム」

ページのトップへ戻る